法人概要特別養護老人ホームショートステイデイサービス地域支援センター入浴サービスTop
暮らしの紹介

運営方針

1運営方針
老人福祉法及び介護保険法の基本理念に基づき、自力で生活することが困難で、しかも家庭で介護を受けられない高齢者が、真に安心して心豊かな、快適で幸せな生活ができる施設とします。
このため職員は、常に利用者の立場に立って職務の遂行にあたり、家庭的で明るく暮らしよい環境づくりと処遇内容の充実向上に努めるとともに、地域の福祉施設として、在宅福祉事業も積極的に推進します。
また、施設の社会的使命を常に自覚し、地域・行政との連携を密にし、利用者等の事故防止に十分配意し、社会福祉法人としてのサービス提供に更なる向上を目指します。

2処遇の充実向上'

利用者が家庭的な環境と雰囲気の中で、生きがいを感じ、心安らかに生活できるよう次のことに意を用い、処遇の充実に努め、ユニット風を目指します。

  (1) 職員は利用者を理解し、優しい言葉と温かい心で奉仕します。
  (2) 職員と利用者との対話の時間を多くします。
  (3) 日常生活をできるだけ明るく変化のあるものとします。
  (4) 趣味、娯楽等を見いだし、これを生かした活動を多くします。
  (5) 利用者の健康管理に十分注意し、病気の予防、早期治療及び個々に適した機能訓練を行います。
  (6) 利用者の健康と栄養を考え、楽しく喜ばれる食事とします。
  (7) 家族や地域との交流をできるだけ多くします。
  (8) 利用者の主体性を尊重し、自立した生活が続けられるよう援助します。

3職員資質の向上

「施設は人なり」職員は次のことに努力します。

  (1) 職員は、丁寧で優しい言動をもち、愛情と誠実な心遣いで利用者に仕えていこうとする姿勢に努めます。
  (2) 各種研修会、施設見学、ユニット研修等を積極的に行い、福祉施設職員としての高度な知識と技術の習得に努めます。
  (3) 職務遂行にあたり、条例、規則等を理解し、責務を深く自覚し、民主的な施設運営と事務改善に努めます。
  (4) 「対話と融和」の精神で相互信頼の働きやすい、「笑顔」で明るい職場づくりに一人一人が心がけ、業務能力の向上に努めます。
 

(5)

職域間の相互理解と連携を深め、より良い施設運営に努めます。

4家庭、地域との交流
家庭や地域住民を施設行事に案内したり、ボランティア等の受け入れによって施設の実態を知ってもらい、福祉への関心と理解を深めてもらうよう努めます。

5在宅福祉サービス事業の推進
地域の社会福祉資源として、在宅の高齢者に短期入所生活介護事業、デイサービス事業、在宅介護支援センター事業、居住介護支援事業を実施します。


このページの上へ
運営方針 | 施設図 | 理念 | 目標 | 課題


社会福祉法人高山八寿会 特別養護老人ホーム 八光苑
〒509-3205 岐阜県高山市久々野町久々野1202番地 TEL 0577-52-2211 FAX 0577-52-3531

年間行事
ボランティア
施設図
交通アクセス
Q&A
お問い合わせ
冊子のダウンロード
個人情報に関して